レンタルドレスを返却するときに注意すべきこと

最近は、レンタルドレス店の利用が増えています。手配してもらったドレスは、借り物である以上はきちんと返却をしなければならないのは言うまでもありませんが、実際に着用が終わって返却をするときには、いくつかの注意点があります。

決められた期間がありますので、レンタルドレスを返却する場合は、まず指定された日時までにその店に届くように手続きをするのが大原則です。梱包作業は、ドレスが届いたときに使用されていた梱包資材を使うのが一般的ですから、返却するときまで大切にとっておく必要があります。小物類も一緒にレンタルした場合は自宅に届く際に緩衝材で保護されてくるので、返すときもそのときと同じように包んだ状態にしましょう。

レンタルしたドレスを店に返すときに、ドレスをクリーニングに出したり、損傷したところを直すべきかどうかは迷うところです。しかし、それらの作業をする必要はなく、報告するだけでそのままの状態で返却をしても問題ない店が多いですから、心配することはありません。万が一、傷や汚れをつけてしまった時の保険プランが用意された店もあるので、レンタルドレスを選ぶときは、料金とあわせてサービス内容にも留意するといいでしょう。